~*・。花鳥風月。・*~

自然の美しい情景。 風流な遊び。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

そうか!!そういうことだったのか!!

叫びます!
感動したからです!!

そうだったのかーー!!

正確に作らねばならないことは、理解できる。
ちょっとの隙間が、のちのち大惨事を招くことになるであろうこと。音にも影響するし、壊れやすくなるなどなどなど!!

だが、しかし!!

何回やっても正確に出来ーん!!

何度も何度もやった!
考えて考えて!!何度もやった。
でも、出来ん!

慣れもあるだろう。
腹が減っていたからだろうか?
確かに、時々はクラスメイトのうら若き乙女を眺めて、集中力を別のところに注いだこともあったかもしれない。

俺は…不器用なのか??
確かに、生き方は不器用だと思うが…。


オニギリは、先生に相談した。
「先生!!どーーーしても、出来ません!!」
「と、言うか・・このくらいの隙間は普通すか??」

すると先生は言ったのだ。

砥げ。

と。


へ?…でも…今朝砥いだばっかじゃ…


今のオニギリ君の刃の状態は…切れないわけじゃぁない。
でも、仕上げや微調整は本当によく切れる状態じゃないと、絶対に出来ない・・・・と。


オニギリは砥いだ。
騙されたと思って砥いだ。
なかばヤケクソになって砥いだ。
本当かょ…って正直思った。


そしたら…出来たーー!!!



先生…あなたは偉大です!
ってか、何度も言ってくれてたのにね。。。
情けな。。。。
スポンサーサイト

| ひとりごと | 01:29 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

先生は偉大でやす♪

先ず生きている訳では やはりなかったんすねぇ。(笑)
先に 生まれた訳でもないのやなぁ。
そう、先を生きてはるんやろなぁ…つう訳でやすねん。

仕上げ…うん、合わさる処が 髪の毛一本も隙がない。
なんかぁ、接着剤使わへんでも 吸い付いちゃうみたいなぁ…そないなイメージでやすなぁ、小生には!

木を組み合わせるには 多少の圧力が掛かる方がええのやろと思うのでやすが、内部の応力を嫌う(音質や変形)とするならば、将に±0なんやろなぁ?!

しかしぃ、木は変形する。圧力が掛からへんと平たくなったり、落ち込んだりするんやないやろかぁ?
建築の木造やと 変形する方向によって 木裏木表を使い分け 圧力を掛けて叩き込んだりしやす。
そこらへんは 興味の尽きへん辺りだすなぁ♪

| bamaman | 2010/05/22 07:01 | URL | ≫ EDIT

bamaはん。

髪の毛一本の隙もない!
将にそんな世界です。

現段階だと木目とかぁ、木を使う向きなんかは外観とか強度を考慮しているようです。
将来的な変形に対してはやはり、良質な修理が必要なんでしょうね。
そういったリスクを少しでも無くすために、やはり良い材質を適した環境で十分寝かせたものを使うっていうのは大切なのかもしれませんね。

そう、内部の応力はやはり無いほうがいいようです。
将に0に近いか、紙一枚。

bamaはんの言う圧力には、どうやら膠が一役買っているようです。
膠は、実に優れた接着剤だそうで、固まる時ギュッっと引きつけて固まる性質があるようなんです。んでもって、熱で容易に綺麗に剥がせる。

ヴァイオリン製作に限った事じゃないんでしょうけど…
膠ひとつとっても、工程を学べば学ぶほどその合理性には感動しますよ。すべてに理由があり、遠回りなようで最善の近道で…。

先人たちの血と汗の結晶というかぁ。
人類の叡智を感じずにはいられない。
大げさですけど。

はぁ~。。
どこまで吸収できることやら。。。

| オニギリ ジョー | 2010/05/22 08:11 | URL | ≫ EDIT

私の髪の毛はとても太いので、そんだけの隙間があれば向こうの景色が
見えてしまいます。

‥‥‥‥は、そんな話ではなかったですねシツレイしました。




そうなんですよね~
センセイは何度も言ってくれてるんです。
別にシカトしてるつもりもスルーしてるつもりももちろん無いのですが、
ある日突然その言葉が意味を持つと言うか、
自分に合体するような感覚がきますよね。
あの瞬間って結構快感ですよねe-446

| かめいち | 2010/05/22 10:06 | URL | ≫ EDIT

かめはん。

気も太そ…

そ、そうなんですよね^^
でもさ、そうやって気付いたこととかって絶対に忘れないでしょ。
そういう感動を忘れたくねぇ。
大事にしよね。

| オニギリ ジョー | 2010/05/22 11:32 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kachofugestu.blog22.fc2.com/tb.php/5-db3c02db

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。