~*・。花鳥風月。・*~

自然の美しい情景。 風流な遊び。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

菊一文字(つづき)

前編はコチラ

横板はパキっと小さな悲鳴をあげて、木目に沿って割れてしまった。

オニギリは心身ともに非力を極めた漢である。
そんな軟弱者の力でも簡単に割れてしまうほど、側板は薄く繊細なのであった。

彼は頭を抱えてのた打ち回り、あの時、手を止めてさえいればと泣いて悔やんだが、そもそもの事の起因が自分はストラディの生まれ変わりなのではないかと、もはや病と言ってもよいほどの妄想にあるということに気づけるほど、彼は脳みそを持ち合わせては居なかった。

オニギリはこうべを下げ、とぼとぼと師のもとへ歩いていった。

「最初からやり直してもよろしいでしょうか?」

「え??な、なんで??」

「側板が割れてしまったのです。でもいいんです、復習にもなるので・・・」

「ん~・・ここまでは本当に綺麗に作れていますよ。もったいないです。修理しましょう」

へ??綺麗に作れている??ストラディの再来?
オニギリの病が再発し始めた・・・。

「で、でも・・・」
浮かれる気持ちをおさえつつ、オニギリは言った。失敗したことは忘却の彼方へ消え去ろうとしていた。

「この程度なら問題ないし、私ならそうします。復習したいなら平行して作ればいいですよ」
「これはこれで仕上げましょう!」



側板修理

先生の手際のよさにはほとほと感服しました。
修理の仕方もわかったので、失敗してよかったのかもしれません。
頑張って仕上げてみます。
スポンサーサイト

| 製作(失敗) | 23:35 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

菊一文字

その日、オニギリはいつものように砥ぎ場へ向かった。
丹念に、そして一心にノミを研ぐ。砥ぎ終えたその切っ先は、まるで鏡のように光々と輝き、そこに映るオニギリの顔は哀れにも褒めどころのない顔ではあったけれど、その仕上がりはまさに、名刀菊一文字と見まごう程であった。

その日の工程は、少しばかり長めになっている側板の、はみ出している部分を切るという作業であった。
木目に対して、直角に刃を入れる必要があった。

そのために彼は、いつもよりもほんのちょっとだけ丹念に刀(ノミ)を砥いだわけである。


「ふふふ・・・我が刀の切れ味!とく見よ!」

ノミを入れると、まるで豆腐でも切っているかのように刃が木に吸い込まれていった。
なんという心地よさであろうか。
刃が意思を持ち自ら木を切っているのではないかと錯覚するほど、その日のノミはよく切れた。

オニギリは思った。
「俺って腕上がったんじゃね?」

哀れにも自分はストラディの生まれ変わりなのではないかというところまで自意識が昇華した、まさにその時、彼は刃先にかすかな違和感を感じたのだった。



オニギリは阿呆であったけれど、その時、確かに刃先に嫌な抵抗と危険を感じとっていた。
しかし、不幸にも根拠の無い自信にも満ち溢れていた。

I can fly...
彼はブツブツと何かをつぶやいて、ぎゅうとノミを握りなおした。

「我が剣に切れぬもの無し!!」

南無三!!


バキッ!!





側板割れ


つづく・・・。

| 製作(失敗) | 11:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。